会社情報
取扱製品
技術&装置
品質管理体制
ロジスティクス体制
会社情報
環境への取り組み
三共テクニカルコミュニケーションズ
採用情報
沿革
昭和9年(1934年)10月
現在地にて創業。溶剤の製造開始。
昭和22年(1947年)7月
本会社設立。潤滑油の製造開始。
昭和29年(1954年)7月
連続常減圧蒸留及び精製装置(硫酸白土)完成。
ナフテン系潤滑油の製造開始。
昭和43年(1968年)4月
国内唯一の塔内中和方式による減圧蒸留装置完成。
昭和49年(1974年)11月
BPプロセスによる潤滑油水素化精製装置完成。
昭和56年(1981年)1月
潤滑油製品について日本工業規格(JIS)表示の許可工場となる。
平成5年(1993年)7月
潤滑油ブレンド装置を新設。
(生産能力450KL/日)
平成7年(1995年)4月
高圧・高温水素化精製装置完成。
(潤滑油の国際安全基準である米国OSHA及びEU PCA3mass%未満の両基準をクリアー)
平成10年(1998年)2月
ISO9002取得。
平成12年(2000年)7月
ISO14001取得。
平成14年(2002年)7月
環境投資の一環としてコジェネレーション発電設備を導入。
平成15年(2003年)8月
潤滑油製品倉庫新築。
平成15年(2003年)10月
ISO9001(2000)取得。
平成16年(2004年)4月
潤滑油充填工場のリニューアル工事実施。
平成17年(2005年)10月
ISO14001(2004)取得。
平成18年(2006年)8月
潤滑油小缶充填ライン新設。
平成18年(2006年)12月
潤滑油製品第2倉庫新築。
平成22年(2010年)10月
ISO9001(2008)取得。
平成24年(2012年)11月
危険物倉庫新設。

▲このページの上へ

HOME サイトマップ お問い合わせ English